29歳。イギリスに行く。

英語学習・YMS・海外旅行。リアルな体験情報をお届け。

イギリスワーホリ(YMS)☺住所証明さえあれば楽々!銀行口座、GP登録、図書館カードづくりの方法

この記事をシェアする

 

 

というわけで、今回は今月やっと終えたGP登録と図書館カードづくりについて書きたいと思います。

 

f:id:hinauklog:20180430181024j:plain

 

タイトルにもある通り今回感じたこと、お伝えしたいことはずばり、「住所証明さえ手に入れば超簡単!!」です☺

 

 

 

住所証明 proof of address

 
こちらに来てまず皆さんがぶつかる壁が住所証明ですよね。私もなかなか時間がかかりました。
 
渡英してすぐ、語学学校に通っていた私は学校でこの住所証明を出してもらい、それを持ってまず銀行口座の開設(私はHSBCです)に行きました。銀行口座の開設自体は、
 
 
①銀行へ行き、口座開設したい旨を伝え、アポイントメントをとる。
(I'd like to open an account please.☺)
②アポの日に住所証明、パスポート、BRPを持って銀行に行く。
(NIナンバーが必要との情報も一部ありますが、私は必要なかったです)
③銀行のお兄さんが適当にぱぱっと開設してくれる。
(聞かれることはWEBからの開設フォームと同じ。不安な方は予習できます☺)
④後日お家にカードが届く。
(案外すぐに届きました✨)
 
 
 という感じでスムーズでした。
 
 
が!!
 
 
困ったのはロンドンに引っ越してきてから。働き出していざ、この口座を使うぞ~!新しいお家の住所証明の為にも銀行からのレターを新住所宛にもらうぞ~!となった時。私はふと、思い出しました。
 
 
「そういえば、WEB上のマイページ、PW忘れちゃった挙句ロックアウトしてる!」
 
 
口座開設時、銀行のお兄さんに誘導されながらスマホアプリからマイページに入る設定をしたんですが、ものの見事に自分で設定したユーザー名やPWを忘れてしまっていました。再設定しようとするもうまくいかず、挙句の果てにはロックアウト。……でもまぁ、直ぐに口座使わんし良いか、と、そのまま放置してしまっていたのでした。
 
というわけで、ここから銀行のコールセンタとの闘いが始まったわけですが、結局は力及ばず、大家さんに電話を助けてもらって無事にネットからマイページに入れるようになりました。
 
闘いの記録がTwitterに残っていました(笑)
 

 

 

 
 
本当にこういう時、自分の英語のダメさに凹みます💦
 
 
なにはともあれ。ロンドンに引っ越してきてからは、
 
 
①店頭で住所の変更をしてもらう。
(ここまでは良かったんです。ここまでは!!)
②ネット上のマイページにまた入れるようになるため奮闘する。
(反省してPW関係は今回しっかり書きとめました。)
③マイページ上から明細請求。
(残高やピッとお会計したものの明細も見られて便利☺)
④銀行から請求した明細が到着。
(すなわちこれが新しい住所の住所証明!)
 
 
 という流れで、念願の住所証明を手に入れたのでした
 
 

 

GP登録

 
では早速、手に入れた住所証明を持ってGP登録です!
 
 
その前にGPとは……
 
総合診療医(そうごうしんりょうい、General Practitioner、GP)とは、病気を心身から全体的に診療する医師である。病気の予防にも携わる。

総合診療医 - Wikipedia

 

NHS制度において、公的医療はフリーアクセスではなく、機能分担が徹底されており、市民自ら登録を行った総合診療医(GP)によってプライマリヘルスケアが提供される 

イギリスの医療 - Wikipedia

 
Wikipediaさん曰くこういうことみたいです。
 
私も詳しいことはよく分かりませんが、近所のかかりつけ医の登録、といったイメージでしょうか。歯の治療や一部お薬代は別ですが、基本的には医療が自己負担なしで受けられるのがイギリスの医療制度です。そんな医療サービスを受けるにあたって、このGP登録が必要というわけですね。
 
渡英する際に高いお金を払って(笑)旅行保険に入ってきているので、何かあっても日系の病院で治療は受けられるわけですが、一応イギリスに住む以上登録しておいて損はないと思います☺
 
 
近所のGPを探そう!
 
 近所のGPを探すにあたり、私はまず大家さんに聞いてみました。入居の前に聞いてみたんですが、すると親切にも、「ここめっちゃ良いよ!登録に何がいるかも電話で聞いといたよ!」と入居日に情報を教えてくれました。
 
長年その土地に住んでいる人の口コミは頼りになりますよね☺
 
もし自分で探す場合は、インターネットで簡単に見つけることができます。
 
 
こちらのURLからポストコードをいれて検索できます。
私も検索してみると、案外沢山の病院がでてきました!大家さんがお勧めしてくれた病院はお家からも近く、評価も高かったので、素直にそこに登録することにしました。
 
事前に大家さんから聞いていた登録に必要なものは、
①パスポート
②住所証明×2
です。
 
この住所証明×2は発行元が同じでも良いのか(例えば銀行からのレターで発行日が違うもの2通等)謎でしたが、念のため銀行からのレターと会社に入社した際の契約書を持っていきました。皆さんのブログを拝見する限りでは、病院によっては住所証明1つで良いところもあるみたいです。
 
 
GP登録に行こう!
 
 というわけで、お休みの日にいざ、GP登録に行ってきました。
 
受付でGP登録したいと伝えると、「住所証明2通とパスポート持ってる?」と。持ってきた旨伝えると、自分の名前や病歴等を記入する登録フォームを渡されました。
 
病歴のチェック欄の病名の英単語が分からなさすぎて、携帯に入れている辞書をひきつつなんとか記入完了。
 
受付に記入したフォームを持っていくと、「じゃあ住所証明みせて~」と。ぱぱっとパスポートと住所証明2通を確認された後、「じゃあこっち来て」と促され、あるお部屋に案内されました。
 
 
そこにはPCとそれに繋がった体重計やら血圧計測器が。
 
「じゃあこのPCの画面に沿って回答を入力していってね。いろいろ繋がってるけど実はPCとはリンクできてないから、体重はかったら後で受付で何キロだったか教えて。血圧は計んなくていいからスキップして」
 
とのこと(笑)
 
適当やなーと思いながらPCで質問に答えていきます。
 
と言っても、さっき登録フォームに記入したばかりのこととほぼ同じ内容だったので、「さっきフォーム書いた意味は……(面倒くさい)」という感じでした(笑)
 
全ての質問に回答し、久しぶりに体重を計って少しショックを受け(減ってると思ってたのにそうでもなかった)、受付へ。
 
終わったよーと伝えると、「体重何キロだった?」と小声で聞いてくれたお姉さん。こっちでも体重は女性にとってちょっと繊細なものなんですね。
 
 
そんなこんなで、行ったその日に1時間程度でGP登録は完了しました。そしてこの後、1週間もしない内にGP登録完了のレターが郵送で届きました。
 
これにてGP登録は完了です☺
 
 

 

図書館のカードづくり

 
GP登録完了の帰り道、近くの図書館に行って図書館カードを受け取ってきました。こちらにも、住所証明が必要でした。
 
 
図書館カードをつくろう!
 
定住の地も決まったところで、図書館カードをつくろう、と思い立ちました。これまでも無料Wi-Fiやゆっくり勉強、作業できる環境を求めて図書館にはたまに足を運んでいましたが、カードを持てば本やDVDを借りられたり、色んなサービスを利用することができるようになります。
 
 
 ますはWEBから事前申請をしておくと簡単です。”library 住んでいる地名” で検索するとhitすると思います。私の場合はCamdenエリアだったので、オンライン登録の画面に進んでいくと、
 

Join Online


Joining Camden library service
You can join at any Camden library by showing proof of your name and current address. You should also bring proof of concessionary entitlement if you are eligible. There is no minimum age for library membership, but under 18s will require validation from their parent or guardian.

 

If you already have a Camden library card you can logon with your library card number and library PIN.

 

Joining Camden library service online
You can join Camden libraries online by clicking on the button below after you have read and accepted the conditions. You will be issued with a temporary library membership number. ……

 
てな感じで登録に必要なものの案内や、オンライン登録フォームがでてきます。
 
フォームに従って個人情報を入力すると、最後に番号が割り当てられます。この番号と住所証明を持って図書館に行けば、カードが受け取れるはずです。
 
 
図書館カードを受け取ろう!
 
 
 というわけで。図書館にやって来た私。サービスカウンターに座っている図書館の職員らしきおじいちゃんに「図書館カードを受け取りに来ました。オンラインで登録してます。」と伝えると、「OK、じゃあ登録した時の番号教えて~」と。
 
私が伝えた番号をPCに入力した後、私の銀行からのレターをチェックした職員さん。その後、カードに私の名前を書いてくれ、晴れて図書館カードを受け取ることができました。この間10分もかからなかったと思います。
 
 
カードと一緒にキーリングにつけられるミニカード?も貰えました。スーパーのカードと同じですね。「キーリングにつけとくと便利だよ」と職員さん。ありがとうございます☺
 
というわけで、無事図書館カードも受け取ることができました
 
 

 

住所証明はとっても大事

 
 というわけで、いかがでしたでしょうか。
 
 何をするにもまずは住所証明が必要、というわけで、住所証明を手に入れるまでは少し大変かもしれませんが、手に入れた後の各種手続きは案外簡単です。
 

 

イギリスに到着してからすること。沢山あります!

 ★NIナンバー取得

www.learningeigolog.com

 

www.learningeigolog.com

 

★お部屋探し

www.learningeigolog.com

 

★お仕事探し

www.learningeigolog.com

 

www.learningeigolog.com

 

www.learningeigolog.com